業界最安値|管理業務委託が月額9,800円~

民泊運営代行の相場や費用はどれくらい?平均10万円!?最安値は1万円から。より安く委託するコツはこれ!

民泊をこれから始めようとしているあなたは民泊運営代行に委託した場合の相場や平均的な費用を知りたいのではないでしょうか?

私も様々なケースと会社のサービスで民泊運営代行に必要な費用を計算してみましたが、平均として月10万円が相場のようです。

今回は民泊運営代行の費用感についてといかにして、運営代行の費用を抑えるのかについてお話ししていきます。

1.民泊運営代行の費用や相場は?

この記事で最も重要な部分は民泊運営代行の費用や相場だと思います。

民泊代行と一言に言っても様々な種類があります。例えば、売り上げ保証や売り上げに対するパーセンテージで代行費用が変動したり、当ブログの代行のような月額制で一定額のみが必要となったり、非常に多種多様な料金形態です。

また、民泊の運営代行でも民泊の料金設定からゲスト対応、清掃までを一貫するところもあれば、ホストさんと共同で、部分委託の場合もあります。

ですから、一概に「民泊運営代行の費用は〇〇円です」とは言えません。しかし、それでも平均的な費用や相場をお伝えする必要があると思いますので、完全委託と部分委託の2種類に分けてお伝えしたいと思います。

2.民泊運営を完全に委託する場合の費用や相場

2-1.民泊を完全委託した場合の委託手数料は売り上げの20%!?

先ほど、民泊運営代行の料金形態は多種多様というお話をしました。しかし、そのほとんどは売り上げに対する〇〇%というケースです。

ですから、今回は上記の計算方法によって計算したと仮定します。今まで、10社ほどの料金形態を見てきました。

民泊運営を完全に代行業者に委託する場合は、非常に作業数が多くなるため、それに従い委託費用も高くなる傾向があります。

PLAYS 売り上げの20%〜
ファミネクト 売り上げの20%+清掃費
@HOST 売り上げの20%

どのような民泊運営代行業者さんでも、完全委託の場合は売り上げの20%が相場のようです。

2-2.民泊を完全委託した場合は毎月10万円が相場?

では実際にどれくらいの費用がかかるのかについて計算していきましょう。私が湘南エリアで民泊を運営していた際の数字や当ブログが請け負っている民泊の売り上げを参考にしていきます。

まず前提として、都内や観光地に近いエリアで運営したとして、一棟丸貸し4人宿泊可能とします。

1泊2万5000円+清掃費8000円として、合計3万3000円とします。180日制限の関係上、毎月15日予約が入ったとします。

3万3000円×15日=49万5000円の売り上げがあります。このうち、20%が民泊運営委託費用としてかかります。ですから、あなたの民泊を完全運営代行として委託した場合、毎月約10万円+清掃費がかかります。

もちろん、季節により上下はありますし、必ずしも毎月50万円弱稼ぐことができるエリアばかりではありません。

ただ、私が運営している民泊は平均的にはこの数字を稼ぐことができていますので、実際の数値からかけ離れたものではないと考えています。

3.民泊運営を部分的に委託する場合の費用や相場

民泊を運営する上で、メッセージ対応や宿泊料金の設定など部分的に委託する場合は、上記でお話しした費用よりも抑えることができます。

部分委託の運営代行の場合、最も多いメッセージ代行に加えて、その周辺サービス(ハウスマニュアル作成など)を含めた費用を算出していきたいと思います。

3-1.民泊を部分的に委託した場合は売り上げの10%前後

民泊を部分委託することができる代行業者がそもそも少ないというのが現状です。しかし、いくつか見つけることができましたので、お伝えします。

ファミネクト 売り上げの10%+清掃費
@HOST 売り上げの8%
エフプラス 売り上げの10%

このように見てみると、民泊運営を部分委託した場合は、だいたい売り上げの10%前後だということがわかります。

3-2.民泊を完全委託した場合は毎月5万円が相場?

先ほど、毎月の売り上げが49万5000円という計算をしました。ですので、同じ売り上げが出たと想定して計算してみましょう。

49万5000円×10%=4万9500円

という計算になります。ですので、メッセージ対応のみの場合は約5万円が民泊運営代行の平均的な費用と言えます。

4.民泊の運営委託費用を抑えるコツは?

民泊を運営していく上で、運営代行費用を可能な限り減らしたいというのがホストの実情です。

それを踏まえて、どのようにして毎月の民泊運営代行の委託料を減らすことができるのかについてお伝えします。

4-1.民泊の部分委託をうまく活用する

一般的には民泊運営は完全に代行業者にお願いすることが多いです。しかし、委託料を下げるためには、あなたができることをあなた自身で対応する必要があります。

例えば、日中は仕事に行っていて、メッセージ対応できないのであればメッセージ対応のみを民泊運営代行業者に委託して、清掃や宿泊料金調整はあなたが行うといった形です。

これにより、先ほどの平均的な費用で委託するとすれば、完全委託するよりも5万円以上お得になります。これに加え、清掃料金も加わるため10万円以上お得になるでしょう。

4-2.月額固定制の民泊運営代行に委託する

冒頭でお話ししましたが、現在様々な料金体系の民泊運営代行業者が存在します。今回は最も一般的な売り上げに対するパーセンテージの委託料の場合をご紹介しました。

しかし、当ブログは毎月1万円から月額固定制で民泊運営を代行しているため、今回ご紹介した部分委託を行った場合の5万円の委託料以上に安く委託することができます。

また、当ブログは必要な作業のみをオプションという形で委託することが可能なため、あなたの民泊の運営スタイルに最も合った形の委託形式にて委託することができます。

5.まとめ

今回、民泊の完全委託と部分委託した場合の相場や平均的な費用感をお伝えしました。完全委託の場合は平均10万円程度、部分委託の場合でも平均5万円程度が必要になるようです。

しかし、最後にご紹介した通り当ブログでは月額1万円弱から運営を委託することができるため、あなたの民泊の利益を最大化することができます。詳しくはこちらから当ブログのサービスをご覧いただけます。

あなたのライフスタイルと民泊の運営スタイルを考えた上で、最も最適な形で民泊運営を委託できることを願っています。